ドコモ光で小型ONUを導入した話

あけましておめでとうございます。はくすけです。
今年もよろしくお願いします。

今住んでる部屋でVDSLを解約し光配線化の工事を行い、小型ONUを手に入れました。
結構大変だったのでそれまでの道のりのブログに残そうと思います。

ことのはじまり

今年度越してきた先輩の家(お向かいに住んでる)の部屋に遊びに行ったら光コンセントが付いていてGE-ONUが付いていたことに気づいたのがことのはじまり。
昨年度越してきた時はVDSLのみで、選択肢がなかったので知らない間にアップデートされててびっくり。

ドコモ光に切り替え工事の依頼

ドコモ光サービスセンターに電話してVDSLから光配線に切り替えを依頼。
どうやら2018年の2月から光配線が使えるようになっていたらしく、すぐに切り替えて欲しいとお願いすることに。
がしかし派遣工事費用15,000円と言われ流石に高いと思い、保留に。

ドコモショップに相談する

いつもお世話になっているドコモショップに相談したら解約即新規*1を勧められ、そうすることに。
新規申し込みをし、1/10工事でオーダーも作成してもらいその日は終了。
あとは工事を待つだけに。

なのですか、ここでふと小型ONUの存在を思い出します。

小型ONUが欲しくなる

フレッツや光コラボ等、NTT系の回線を契約するとランダムでレンタル機器が割り当てられます。
ひかり電話の契約がないとGE-ONUが、ひかり電話の契約があるとHGWがレンタルされます。
基本的には自分で機器を選ぶことはできないのです。

がしかし、NTT東日本は小型ONUなるSFP+を採用したONUがあります。
この小型ONUはNTT製HGWのRS-500シリーズの他、YAMAHA NVR510やSFPポートのついてるスイッチに収容できる代物。

https://business.ntt-east.co.jp/service/onu/images/onu_img.png
小型ONU開発・提供 | パートナー | 法人のお客さま | NTT東日本

電源を減らし、省スペース化できるのであればこれにしたいと思い調べると、フレッツを契約している人は割と簡単に後から小型ONUに切り替えれるそうですが、コラボモデルはどうやらそう簡単には行かないらしい。
新規契約の際に一緒にオーダーして通してもらっている例が1つ見つかったので、工事前にドコモ光に相談してみることに。

小型ONUをオーダーに入れてもらう

ドコモ光サービスセンターに電話し、NTT東日本に小型ONUを手配してもらうようにお願いすると、最初に電話を受けたお姉さんから電話が変わってえらいっぽい人がでてきた。
その時に「なんで小型ONUが欲しいの?」って2回ぐらい聞かれました。
まぁ普通はランダムで割り当てられる機器だし、聞いてくるのもそりゃそうって感じ。
結局は「NTT東日本に確認するからとのことで折り返し電話くれることとなりました。

しばらくして折り返しが帰ってきて以下の通り

  • 無線LANオプション(月300円)を追加して、なおかつ在庫があればRS-500系のHGWを出すことができる。
  • ただし工事日が1/10じゃなくなる(再オーダーのため)
  • 工事後1週間後ぐらいに申し出てくれれば無線LANオプションは外せる。ただし手数料として2,000円かかる。
  • 無線LANオプションを外した後もRS-500は継続して使用しても問題ないということをNTT東日本に確認している

まぁこれで小型ONUが手に入るならと思い了承。
結局工事日は1/24まで延期に。

工事日

サクサク工事は進み、40分程度で終了。
疎通確認を行いサインして工事完了。当たった機器はRS-500KIでした。RS-500KIから小型ONUを引き抜き、用意していたアライドテレシスのGS916MのSFPポートに差し込み、設定設置完了。

速度チェック

VDSLで最後に無線で速度測った時。まぁVDSLにしてはそこそこ早いんですけどね。工事後の速度。上が有線で下が無線。
流石に光配線だと全然違いますね。
ひかりTVもノイズが入らず綺麗にみれます。

今回新規契約のついでにプロバイダをOCNからSo-netに切り替えました。
理由としてはSo-netがv6プラスを採用しているという点とv6プラスとPPPoEと併用できる(という噂)があるから。
まぁRTX1200はv6プラスに対応していなんですけど....。

かかった経費
工事費 15,000(税込)
工事費無料キャンペーン -15,000(税込)
新規申し込みdポイントプレゼント 10,000pt(税込)
新規申し込みプレゼントの商品券 5,000(税込)
VDSL解約違約金 -8,000(税抜)
無線LANオプション解約 -2,000(税抜)
事務手数料 -3,000(税抜)
2,000

税込と税抜の値段が入り混じっているので全然正確じゃないですが、だいたいこんな感じ。
どちらかというとトクしてますね。なんで?

おわりに

ネットワーク機器の世界は日々新しいものが生まれていて、自分も新しいものにどんどん触れていきたいなと思います。
ただ、生半可な気持ちで小型ONUを導入しようとするのはお勧めしません。
なぜなら、NTTやその他諸々との交渉で疲弊するからです.....。(はやく機器をユーザー側で選択できるようにして欲しい)

小型ONUの導入に関して聞きたいこと(特にNTTとかの交渉)がありましたら、Twitterに気軽にリプでも飛ばしてください。
twitter.com

*1:現在の契約を解約し、新規で入り直すこと

輿水幸子とドライブするときに聴きたいアイマス曲ランキングトップ3

adventar.org
これはジョンベベベント・カレンダー 16日目の記事です。
昨日はXIGさんでした。
xigniconico.hatenablog.com
ミリシタからミリオンに入ったタイプのオタクなのでグリ時代のことはわからないですが、この3人の絡み良いですよね...。
これを機にグリマスの色々を履修したいですね。

しがない情報系大学生です。
担当:AS:天海春香、CG:輿水幸子、ML:馬場このみ、SideM:Beit、SC:園田智代子
P歴:不明
初ライブ:デレ5th SSA Day2
SNSTwitterim@stodon
ゲームのIDとかは imas - hacusk.net に載せてますので、同僚申請お願いします。


さて本題




輿水幸子のコミュのネタバレが少しあります

続きを読む

業務用ルーターのすゝめ

これはFUN Advent Calendar 2018の12日目の記事です。
adventar.org
昨日はsina_nasiさんの スマート家電が家に導入されて暮らしが豊かになった話 - ねむみのきわみ でした。
僕もスマートスピーカーを持っているのですがただの目覚ましになっている状況なので、揃えて自分もスマートホームにして堕落快適生活を送りたいと思いました。

こんにちは、はくすけです。
去年はイかれた記事をクリスマスに投下投稿しましたが、今年は真面目に行きます。
とはいえ技術的なネタが思いつかなかったので、ルーター・インターネット周りのお話をしようと思います。

続きを読む

iPhoneXSにして2週間ぐらいたった

タイトルの通り、iPhoneXSに機種変して2週間ぐらいたった。

今まではiPhone7を使っていたが2年が経ち、毎月あった2,300円の月サポが終了するので、どうせなら新しいのにしたいと思った。
XRの実機をみて比較してからにしようかなと思っていたけど、XSの実機をみたら欲しくなってしまったので近所のドコモショップで予約した。

ちなみに大体1週間位で届いた。

Appleは箱開けた瞬間からデバイスが見える箱に戻してほしい。

デレステやミリシタのMVを見ると感動した。
アスペクト比が横に長い*1と映画みたいでかっこいいと思った。

せっかくなので録画して投稿したのでチェックしてみてほしい。

これはiPhoneXSで初めて撮影した写真である。
カメラはiPhone7でもきれいだと思ったが、さらにきれいになったと思った。
比較にiPhone7で撮った写真をのせる。

iPhoneX以降はデュアルレンズなので、カメラでポートレートモードというのが使えるようになった。
試しに遊んでみたらVシネマ仮面ライダーみたいな先輩が撮れたので、機会があれば遊んでみてほしい

ちなみに今でもXSなのかXsなのかがわからないので、有識者は教えてほしい。



P.S.
明日10/17は輿水幸子の2つめのソロ曲『ハピガ!』が収録された『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 22 双翼の独奏歌』の発売日なので、ぜひ買って聴いてください。

【楽曲試聴】「ハピガ!」(歌:輿水幸子)

*1:だいたい19:9らしい

MacにSource Han Code Pro JP(源ノ角ゴシック)を導入する

とても好きでコンソールとかでよく使っているフォントのSource Han Code Pro JP(源ノ角ゴシック)。
導入方法を忘れないために備忘録として残しておく。

以下から最新バージョンを確認して、バージョンを書き換えて使用すること(以下のコマンドは2018/06/23時点のもの)
Releases · adobe-fonts/source-han-code-jp · GitHub

$ curl -L https:/github.com/adobe-fonts/source-han-code-jp/archive/2.011R.tar.gz | tar zx
$ mv source-han-code-jp-2.011R/OTC/SourceHanCodeJP.ttc ~/library/fonts
$ rm -r source-han-code-jp-2.011R

最後にFont Book等でインストールされてることを確認し、導入完了。

Ubuntu16.04でSwiftの実行環境を作る

環境構築のメモがてら書いていきます。

Linuxの準備

今回はConoHaのテンプレートイメージのUbuntu16.04でSwiftの実行環境を作っていきます。

Ubuntu16.04
Swift 4.0.3

最新バージョンを確認

https://swift.org/download/#releasesswift.org

2018/3/8時点で最新バージョンは4.0.3でした。

実際に作業してみる

https://swift.org/download/#using-downloads の手順を踏んでいきます。

ツールのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install clang libicu-dev
$ sudo apt-get install libpython2.7
$ sudo apt-get install libxml2
$ sudo apt-get install libcurl3

Swiftをダウンロード

Ubuntu16.04向けSwift4.0.3をダウンロードしていきます。

$ wget https://swift.org/builds/swift-4.0.3-release/ubuntu1604/swift-4.0.3-RELEASE/swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz
$ wget https://swift.org/builds/swift-4.0.3-release/ubuntu1604/swift-4.0.3-RELEASE/swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz.sig
$ wget -q -O - https://swift.org/keys/all-keys.asc | gpg --import -
$ gpg --keyserver hkp://pool.sks-keyservers.net --refresh-keys Swift
$ gpg --verify swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz.sig

Swiftをインストール

UbuntuにSwiftとPerfectLibをインストールする · GitHubの記事を参考にインストールします。

$ tar xzf swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04.tar.gz
$ cd swift-4.0.3-RELEASE-ubuntu16.04
$ sudo chown -R root:root usr/
$ cd usr
$ sudo cp -fR ./* /usr/
$ sudo chmod a+r /usr/lib/swift/CoreFoundation/

Swiftの実行

$ swift -version

これでSwiftのバージョンが表示されればインストール完了です。

詰まったところ

上記までのコードで以下のエラーの解決策は含まれています。

そもそも動かん

$ swift
/usr/bin/lldb: error while loading shared libraries: libpython2.7.so.1.0: cannot open shared object file: No such file or directory

libpython2.7をインストールすることで解決

$ sudo apt-get install libpython2.7

と思ったらまたしてもエラー

$ swift
/usr/bin/lldb: error while loading shared libraries: libxml2.so.2: cannot open shared object file: No such file or directory

こちらもlibxml2をインストールすることで解決

$ sudo apt-get install libxml2

実行時にエラーが発生する

https://bugs.swift.org/browse/SR-2783で解決
コンパイルの時に必要なヘッダーファイルへのアクセス権がないことが原因の模様

$ sudo chmod a+r /usr/lib/swift/CoreFoundation/

Swift Packageでエラー

$ swift package init --type executable
/usr/bin/swift-package: error while loading shared libraries: libcurl.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory

Electron apps can't find libcurl.so.4 · Issue #8853 · electron/electron · GitHubで解決
libcurlをインストール

$ sudo apt-get install libcurl3

おわりに

まだまだわからないことも多いオープンソース版Swiftですが、せっかくなのでPerfectやVaporなどのサーバーサイドSwiftをやっていこうかなと思っています。

僕と彼女氏と、時々、惚気

この記事は FUN Advent Calendars 2017 24日目の記事です 。 adventar.org

自己紹介

B1のはくすけ(@hacusk)と申します。
はくすけ邸という異次元空間の主を努めています。
よろしくお願いします。

昨日はGAくんでした。

以下本文につき、下の赤文字注意分をよくお読みください。


※この記事の内容はあくまで個人の意見です。所属団体等を代表する発言ではありません。

※惚気等のいわゆるリア充成分が本文に大量に含まれています。苦手な方は以下本文を閲覧しないことを推奨します。本文を読んだことにより発生した問題について、私は一切の責任は負いません。


続きを読む